TAC株式会社様とNGPに関する包括連携協定を締結

3月9日、TAC株式会社(東京都千代田区)と多摩大学は、今後の次世代事業開発人材育成プログラム(NGP)に関する包括連携協定を締結しました。締結式内で開催されたパネルディスカッションへは、NGP参加者からもたくさんの受講生にご登壇いただきました。

今回の協定の内容は、今年7月から2回目のプレプログラム、そして2023年度からは本格的なプログラムとして始動するスケジュールを基に、未来に向けて「次世代の本業を生み出せる人材」を育てる両者の連携について取り決めたものです。

パネルディスカッションではNGP参加者より今回のプレプログラムに参加した経緯や、参加してみての感想など、プログラムの意義について本学松本教授の司会で感想や意見を述べていただきました。

具体的には、NGPに参加したことで今まで交流のなかった異業種の方々から気づきや刺激を受けることができたり、あらためて自社の特徴や強みを客観的にとらえる機会を得ることができたなど、前向きな感想と期待の気持ちを多く語っていただきました。

NGPの次回プログラム(第5回)は3/18(金)に実施されます。

TAC株式会社多田社長らとのフォトセッション
NGP参加者も登壇したパネルディスカッション