多摩地域マイクロツーリズムコンテストを開催

新型コロナウイルスの感染拡大により、インバウンドや国内旅行者は激減しています。そのため、観光事業者や飲食店はもちろん、あらゆる方面に影響が出ており、多摩地域も例外ではありません。一方で、移動自粛期間中においても人々の旅行ニーズは高く、近隣地域への移動、特に多摩地域における移動は都心部に比べ活性化している傾向があります。地域経済は、更なる長期化が危惧されるコロナ禍や、今後起こりうる不測の事態にも対応可能なしくみを求めています。

このような状況を背景に、本プロジェクトは、地域における実用可能なマイクロツーリズムプランの構築から、持続性のある地域活性化を目指します。

本プロジェクトでは、このマイクロツーリズムを「地元や近隣を含めた広義の観光まちづくり」と定義します。また、学生を企業や自治体のハブ役とすることで、コロナ禍で活動が狭められている意欲ある学生の活動フィールドを提供し、地域で挑戦する学生の取り組みも応援します。

  • 主催:多摩地域マイクロツーリズムプロジェクト実行委員会
  • 実行委員会:多摩市・稲城市・京王観光株式会社・多摩大学総合研究所
  • 事務局:多摩地域マイクロツーリズムプロジェクト実行委員会事務局
  • 企画:多摩大学ながしまゼミ

多摩地域マイクロツーリズムプロジェクト実行委員会事務局